ミャンマーの豆が新しくなりました


こんにちは、nidoです。

ミャンマーのコーヒー豆が、新しいクロップのものに切り替わりました。
今までよりも収穫年が新しい豆になります。

収穫から時間が経っていない豆は、豆の持つ特徴がより鮮明に感じられると言われています。
新しいクロップのミャンマーも、元々のりんごのような風味がより一層ジューシーに感じられるような気がします。

日本でも報道されていたように、今年に入ってクーデターが発生し、不安定な情勢が続いていたミャンマー。
農家さんたちは、週3日はデモ活動を行い、それ以外の日でコーヒーの収穫や乾燥などの作業をされていたそうです。
港も正常に機能しない中、農家さんや現地のコーヒー加工・輸出会社ジーニアスコーヒーの皆さん方の尽力によって日本まで届けられたコーヒー豆です。

この機会にどうぞお試しください。

なお、現在nidoで販売しているコーヒー豆の中で、東ティモール、コロンビアも新しいクロップ(2020-2021)のものになります。
コロンビアは、まるで洋酒を使った高級なチョコレートのような香りが楽しめますよ。

↓オンラインショップからもどうぞお買い求めください。
*20/21クロップ*ミャンマー ジーニアス ナチュラル:自家焙煎コーヒー豆(無農薬・無化学肥料栽培生豆使用)
https://shop.cafe-nido.com/?pid=160559093


スポンサード リンク
2021-10-28 | Posted in お知らせ, 商品紹介No Comments » 

関連記事

Comment





Comment